防音材 断熱材 防音シート 断熱シート  吸音材 アンダーレイシート クッション材 防音対策をホテル ビル ロビー バリアフリー住宅の床下に。

地球環境保全を考える 株式会社ダイウレ
会社概要

会社概要

沿革

地図


製品案内
施工方法
実績
お問合せ
ホーム

会社概要
 

沿革

昭和34年(1959)

創業者 今村雄次が大阪市船場に今村商事株式会社(貸ビル業)設立。
昭和36年(1961)

ポリウレタンフォームの加工を個人創業。
昭和38年(1963)

大阪ウレタン工業株式会社に改組。資本金50万円、代表取締役 今村雄次 就任。横堤工場開設。

昭和39年(1964)

資本金200万円に増資。第2工場諸口工場新設。自社ブランドマットレス「エバーフォーム」を株式会社ダイエー、株式会社大丸に納入開始。

昭和40年(1965)

資本金400万円に増資。第3工場諸口北工場新設。
昭和41年(1966)

第4工場鶴見工場新設。
昭和43年(1968)

資本金1,000万円に増資。ダイハツ自動車シート用再生ウレタンチップモールドクッションを生産開始。

昭和45年(1970) 本社工場、新設。業容拡大のため、大阪府大東市に敷地9,130uを取得し、4工場を集約する。今村商事を吸収合併し、資本金1,200万円増資。

昭和46年(1971)

日清紡ピーチウレタンの近畿地区総代理店となる。西独より新鋭加工機導入。
昭和49年(1974) 代表取締役 今村雄次、関西ウレタンフォーム会会長に就任。

昭和52年(1977) 連続ラミネート機等により、マツダ、ダイハツ向自動車内装部材の生産開始。

昭和54年(1979) 新社屋竣工。代表取締役 今村雄次、関西ウレタンフォーム加工協同組合初代理事長就任。

昭和55年(1980) ウレタンチップフォーム連続加工機導入。遮音カーペットアンダーレイハイクッション(エコマーク商品)を発売。

昭和59年(1984) CISを導入。社名を株式会社ダイウレと改め、新社章制定、TQC活動開始。

昭和61年(1986) 資本金2,400万円に増資。住宅用防音コルクタイル発売。遮断材、断熱材、緩衝材等、多数の実用新案登録。

平成元年(1989) 資本金4,800万円に増資。フォーム特許連続成型機2号導入。

平成2年 (1990) 徳島工場竣工、操業。(34,000u)独より新コンピューターカッター導入。

平成3年 (1991) 再資源化貢献企業。(財)クリーン・ジャパン・センター会長賞受賞。CJC主催、通産省後援。

平成5年 (1993) 徳島工場閉鎖決定。株式会社ダイウレ、リストラ開始。

平成7年 (1995) 建材フローリング用防音バッカー本格生産、大手建材メーカーに納入。

平成8年 (1996) 事業分野を整理統合して、得意とするウレタンフォームリサイクルを軸とした内装建材用防音、断熱床下地材の開発、製造販売を推進する。

平成10年(1998) ダイウレ防音マット(戸建用)発売。